信用度の低い人でもホームエクイティローンを借りれる可能性があります


ホームエクイティローンは、自宅の価値を担保にして自由に使えるお金です。家のリフォームや子供の教育資金として、家を担保に借りる人が多いですが、このローンは本当に何にでも使えます。

参照:過去最高水準のホーム・エクイティ、今こそ活用の時?

一般的に、ホームエクイティローンは、信用度が低いと審査に通りにくいと言われています。これは、620から580の間、あるいはそれ以下のスコアを意味します。

あなたのクレジットスコアの悪さによっては、あなたに融資をしてくれる金融機関を見つけるのが難しい場合があります。しかし、審査に通る可能性を高めるためにできることもあります。

あなたに協力してくれる金融機関を選びましょう。
信用度が低くても、融資をしてくれる金融機関はあります。審査が不安な方は、まずこれらの金融機関を利用してみてください。地元の小規模な銀行や信用組合は、クレジットスコアに不安がある場合、金利やオファーを受けるのに適しています。小規模な銀行は、大規模な銀行ほど厳しくなく、融資に柔軟性があるかもしれません。

オンライン金融機関は、銀行の間接費を気にする必要がないため、融資の自由度が高く、Rocket MortgageやLending Treeのような金融機関は、コスト削減分をリスクの高いローンという形で顧客に還元することができるのだと思います。

また、自分自身を最も魅力的な応募者にすることもできます。負債比率は、銀行が融資を承認する際に考慮する重要な要素です。この数字は、毎月の収入のうち、どれだけが借金の返済に充てられているかを示しています。例えば、毎月1万ドルの収入があり、毎月4,500ドルの負債を支払っている場合、DTIは45%となります。フォーブス誌によると、金融機関はDTIが45%以下であることを希望していますが、場合によっては50%まで認められることもあります。信用度が低い場合は、ホームエクイティローンの資格を得るために、DTIをできるだけ低くすることが得策です。

また、そもそもローンを組むのに十分なエクイティがあるかどうかも確認する必要があります。最初のステップは、あなたの家の鑑定書を手に入れることです。これは通常、数百ドルかかります。これにより、現在の家の価値と現在の住宅ローンの残高を知ることができます。各金融機関は独自の推奨比率を設定しており、エクイティ・ローンを申し込む際にその旨を伝えます。

ホームエクイティーローンは、適切な時期に適切な資産で取り組まなければ、非常にリスクの高いものであることを覚えておく必要があります。自分の家を担保にローンを組むわけですから、返済できなければ家を失うリスクがあります。多くの人は、金利の高い借金を返済するためにローンを利用しており、それは良い戦略だと思いますが、実際には買えないリフォームや現金を手に入れるために無茶な使い方をする人もいます。そのため、住宅ローンを申し込む前に、自分の経済状況を確認することが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。