NFTで儲けるにはどうしたらいいですか?


2021年にNFTが主流になったのは、人々がNFTに支払うお金が真剣勝負だからです。例えば、Beeple社の「Everyday: the First 5000 Days」は6,900万米ドルで落札され、従来のオークションハウスで落札されたNFTの中で最も高額な作品となりました。また、12月にはパック社がNFTマーケットプレイス「Nifty Gateway」で「Merge」を9,180万米ドルという高額で販売しました。モナリザは1962年に1億円の保険がかけられた。

NFTにはいくつかのマーケットプレイスがあります。よく知られているのは、OpenSea、Rarible、Grimes’ Choice、Nifty Gatewayなどですが、それ以外にもたくさんあります。18歳のFEWOCiOUSのように、NFTの売上で1,700万ドル以上を稼いだと主張するアーティストもいます。そして、NFTの稼ぎを見るためだけにNFTに参加する投資家やトレーダーもいます。

NFTは「non-fungible token」の略で、同一のトークンで構成される暗号通貨とは異なり、取引手段として利用できない固有の資産を意味します。基本的には、所有権を決定する固有の識別コードを持つ、ブロックチェーン上の暗号化された資産のことです。しかし、デジタルアート作品の性質上、NFTの販売でしか収益が得られないことが多い。

多くの暗号通貨は、主流になり始めた暗号資産に投資家がよりアクセスできるよう、NFT市場を開発しています。EverGrowコインは、2021年9月に発売されたばかりの比較的新しい暗号通貨です。しかし、EverGrow($EGC)は、トップ開発者が実際に販売せずにNFTで収益を上げようとしている最も良い例の一つです。

EverGrowのプラットフォームはBSCをベースにしているため、NFTを担保にして、リーズナブルな金利で簡単に借りることができます。これは、NFTをデジタルの塵に帰すのではなく、より多くのお金を稼ぐために使うことができることを意味しており、ネイティブの$EGCトークンに限らず、このようなことができます。

しかし、それだけではありません。また、投資家は、BSCをベースとしたNFTマーケットプレイスでNFTを売買することができます。これには、NFT貸出プラットフォームで清算された担保によって取得されたものも含まれます。日本国債の売買は、日本国債の平均的な市場価格よりも割安に購入されるというユニークな競争市場を形成しています。これにより、NFTを平均的な市場価値よりも割安な価格で購入するというユニークで競争力のある市場が形成されるとともに、NFTを収入源とするエコシステムが構築されています。

また、EverGrow CoinのNFTマーケットプレイスには、写真や動画などのデータを使ってユーザー自身がNFTを作ることができるキャスティングツールがあります。これらはすべて、ブロックチェーン上での簡単な取引だけでなく、より多くの機能や特徴を備えた、より大きくてより良いマーケットプレイスを作るためです。

NFTの売上高は、2020年全体では1,370万ドルだったのが、2021年上半期には25億ドルに達しました。 この急激な増加は、記録的な売上高に加えて、BeepleやPakの記録的な売上高や、世界初のレアワインオークションハウスであるAckerが初めてブルゴーニュのNFTを発売するなど、各社が有名人の関心や新しいトレンドを利用していることにも起因していると考えられます。EverGrow Crowのような一流の開発者が取り組んでおり、2022年はNFT分野で新しい記録を打ち立てることになるでしょう。EverGrow Crowのような一流の開発者が取り組んでいるので、2022年はNFT分野で新しい記録を打ち立てるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。